アーカイブでも、おとくだねっ!Vol.40「Trick or treat!毎年恒例!盛りだくさんの内容のハロウィンイベントを特集したい!Halloween 2017!」

公開日:2017年11月18日

最終更新日:2018年10月13日

カテゴリー:ハロウィンイベント

みなさん、こんばんはー

アーカイブでも、おとくだねっ!Vol.40は曜日ダンジョンについて書こうと思っておりましたが、いろいろと忙しいこともあり、時間が限られているハロウィンイベントを特集しますー

と前までは書いておりました。

が!

結局のところ、ハロウィンイベントが終わってしまい、記事を書き上げたかと言いますと、このようなことを書いていますので書き上げれませんでした。
大変申し訳ございません。そこそこ期待の声が出ていたのですが応えれませんでした、、、

事後ですので、もともと書いていた内容を丸っと再構成し、「ハロウィンイベントこんなのあったよね~」という形でお送りします。

今年で10年目となるハロウィンイベントがちょっと前までやっておりました!
「Witch’s Repayment-HalloweenEvent2017-」と銘打ってハロウィンイベントを開催していましたねー

10年目だからでしょうか?今年のハロウィンイベントは内容が盛りだくさん!!

前年までは、分割方式をとっていなかったのですが、今年は、前編・中編・後編の3分割方式のイベントとなっております。

前編は、2017年10月12日(木)メンテナンス終了後~2017年11月9日(木)メンテナンス前まで。(終わった)
中編は、2017年10月19日(木)メンテナンス終了後~2017年11月9日(木)メンテナンス前まで。(終わった)
後編は、2017年10月24日(木)メンテナンス終了後~2017年11月9日(木)メンテナンス前までとなっています。(終わりました)
ハロウィンイベントの終了が、2017年11月9日(木)ということです。要するに、終わりました。

 

各編で開催されていたイベントの内容を見ていきましょう。

ハロウィンイベント前編
ダンジョン・ジャンクション「サウィン大森林」の公開(このページで触れます)、魔女姉妹のクエスト、ハロウィン限定クエスト「記憶装置の修復」(ハロウィンメインクエスト)、惑星ポイーンをハロウィン仕様に変更、惑星ポイーン ハロウィン限定突発ミッション

ハロウィンイベント中編
ハロウィン限定クエスト「謎の写真」(ハロウィンメインクエスト)、突発ミッション「悪魔のP・モーナ」、ハロウィンクリスタル★★キャンペーン

ハロウィンイベント後編
ハロウィンゲート突発ミッション、突発ミッション「悪魔のP・モーナ」MASTERバージョン、ハロウィン限定クエスト「記憶を操る者」(ハロウィンメインクエスト)

こんなにもイベントをやっていたようです。多すぎぃ!!
中でも、ハロウィンメインクエストの長編さ、ストーリーを進めるための素材集めの過酷さ、内容が濃すぎるという。
これの素材集めに苦労してしまい、時間切れとなってしまいました、、、というより、今考えたら数時間で集めれるとは到底思えませんけどね。

惑星ポイーンの景色の変化や、惑星ポイーンで発生するハロウィン限定突発ミッション、魔女姉妹のクエスト、ハロウィンメインクエストが終了します。
上記以外のイベントは、2017年11月30日(木)で終了します。

すべて終了後にこの記事を公開してしまい、大変申し訳ございません、、、来年もあると思うのでその時にでも活用できればな・・・と思っております。。。

気を取り直しまして、、、
上記のように、今回のハロウィンイベントは内容がとてつもなく濃いので、ページ分割をして思い出していきましょう。
それでは、さっそく見ていきましょうー

 

このページで触れていく内容は、魔女姉妹の再臨です。

「魔女姉妹の再臨」は勝手に名前を付けさせてもらいましたが、要するに「サウィン大森林(サウィン遺跡)」の内容を書いていきます。
魔女姉妹とネタバレしてるようなものなので、先に言ってしまいますが、サウィン大森林のボスは、毎年いたずらなどを仕掛けてくるあの「ウィッチィ」と「グリンダン」になります。
彼女たちと戦って景品をもらおう!というざっくりとした内容が「魔女姉妹の再臨」になります。

 

それでは、魔女姉妹に会いに行くための方法を書いていきますよー

魔女姉妹がいるダンジョン「サウィン遺跡」へ向かう
まずは、魔女姉妹のいる「サウィン遺跡」へ向かいますよ~
サウィン遺跡は、各惑星の基地にあるプレミアムフィールド」から行くことができます。
プレミアムフィールドのNW側のトンネルのところにリンクポイントができているので、リンクポイント「ダンジョン・ジャンクション」に入ります。
※ダンジョン・ジャンクションは、通常フィールドであるため、デパート呼び出しやゲーム終了をすることができます。

すると、よく見たであろうあの風景に出ます。

ダンジョン・ジャンクション写真1

SW側とNW側には、それぞれNPCが立っています。
SW側にいるのは、「見習い魔女ウィッチィ」と「魔女グリンダン」、「(トンネルの前にいる)ジャック」、「(魔女グリンダンの後ろにいる)ジャック」の4体。

SWNPC写真2-1

それぞれ、クエストを依頼してきます。(見習い魔女ウィッチィと魔女グリンダンは、2017年11月9日(木)までのイベントなのでもういないです
 ●見習い魔女ウィッチィ
  内容:ウィッチシスターズを倒してみせろ!
  条件:サウィン大森林のクリア(難易度どれでも可)
  報酬:サモン:魔女姉妹(無制限)×1個 ※60秒間、ウィッチィとグリンダンを召喚する。

 ●魔女グリンダン
  内容:新しいパーツを作ってあげる
  条件:ハロウィンクリスタル★★を必要数渡す
  報酬:下記の表を参照。表の一番上から順にハロウィンクリスタル★★を渡していき、その報酬を受け取る。
     ※すべての報酬を受け取るには、合計140個のハロウィンクリスタル★★が必要

必要クリスタル個数 交換品
ハロウィンクリスタル★★ 1個 イベントチケット 1個 
 ハロウィンクリスタル★★ 2個 ビッグモザイククッキーガード 1個
パンプキンロッド 1個
ハロウィンクリスタル★★ 3個 ビッグパンプキンサイス 1個
パンプキンロッド 1個
ハロウィンクリスタル★★ 4個 ゲイルサイズ★ 1個
ハロウィンクリスタル★★ 5個 マニモdeガチャSPチケット 1個
ハロウィンクリスタル★★ 6個 グラントゥームシールドα 1個
ビッグパンプキンサイス 1個
ハロウィンクリスタル★★ 7個 グランコフィンシールド 1個
ビッグパンプキンサイス 1個
ハロウィンクリスタル★★ 8個 リヴェルサイズ★ 1個
ビッグパンプキンサイス 1個 
ハロウィンクリスタル★★ 8個 ロザリオシールド★ 1個
ビッグパンプキンサイス 1個
ハロウィンクリスタル★★ 9個 マニモdeガチャSPチケット 1個
イベントチケット 1個
GRスフィア 2個
ハロウィンクリスタル★★ 9個 ビッグモザイククッキーガード 1個
ビッグパンプキンサイス 1個
ハロウィンクリスタル★★ 10個 グラントゥームシールドα 1個
ビッグパンプキンサイス 1個
ハロウィンクリスタル★★ 10個 グランコフィンシールド 1個
ビッグパンプキンサイス 1個
ハロウィンクリスタル★★ 11個 マニモdeガチャSPチケット 1個
ハロウィンクリスタル★★ 11個 ロザリオシールド★ 1個
ビッグパンプキンサイス 1個
ハロウィンクリスタル★★ 11個 リヴェルサイズ★ 1個
ゲイルサイズ★ 1個
ハロウィンクリスタル★★ 12個 パンプキンロッドG 1個
ビッグパンプキンサイス 1個
ハロウィンクリスタル★★ 13個 試作オミナスサイズ 1個

 ●ジャック(トンネルの前に立っているほう)
  内容:サウィン大森林 封印の間へ飛ばしてあげるよ
  条件:ハロウィンクリスタルαを5個渡す
  報酬:サウィン大森林 封印の間へ転送される
     ※クエスト「記憶装置の修復」の際にわざわざサウィン大森林をクリアしなくても済むようにショートカットとして使います。

 ●ジャック(魔女グリンダンの後ろに立っているほう)
  内容:サウィン遺跡のおばけたちの記憶を取り返すためにハロウィンゲートでメモリーを奪ってきてほしい
  条件:ハロウィンゲートのNORMAL、HARDのクリア報酬で出る「ハロウィンメモリー」を10個~80個それぞれ1回ずつ渡す
  報酬:劣化バットマントAMJα1個(要求数が10個、30個、50個、70個のとき)、劣化バットマントAMJβ1個(要求数が20個、40個、60個、80個のとき)

そして、NW側にいるNPCは、またしても「ジャック」。

NWPPC写真2-2

このジャックも2017年11月9日(木)のアップデートまでなので、もういませんが、、、

 ●ジャック(NW側の狭いところにいるほう)
  内容:ハロウィンクリスタルαをくれたら、サウィン遺跡で拾ったフィルムをあげる
  条件:ハロウィンクリスタルαを200個渡す
  報酬:次のページで触れるクエストに必要なアイテム「謎のフィルム」をくれる

 

初回位置に戻り、写真1の目の前にあるトンネルの先にフロアゲートが設置されているので、このフロアゲートを起動して、サウィン遺跡スタート!!

 

 

サウィン大森林の最深部で待つ魔女姉妹を倒しに行こう!
サウィン大森林は、どこにでもあるようなダンジョンとなっております。
感覚としては、崩壊の惑星 ポイーンや河童の惑星 ゲルニア、砂雪の惑星 デゴと同じようなスタイルとなっています。

ダンジョンとのことなので・・・?いつものあの書き方にモードチェンジ!

サウィン大森林に行くための事前知識
全フロアに制限時間が設けられており、制限時間は「30分」となっている

・フロアはすべて「サウィン大森林 ?F」となっており、今何階にいるのかがわからない状態になる

★異次元の惑星と同じように、EASY・NORMAL・HARDと3つのルートが用意されている
 道中は、どのルートでも攻撃力などは同じだがボス戦のみボスの強弱がはっきり分かれている

EASYルートでは、水に落ちてもダメージを受けないが、NORMAL、HARDルートになると水にダメージが設定されているので落ちないようにしましょう。
 NORMALルートでは、1回あたり250ダメージ受け、HARDルートでは1回あたり500ダメージになります。

ダンジョン内のモンスターを撃破すると高確率でドロップするハロウィンクリスタルα」は、素材やクエスト進行に必要なアイテムなので必ず集めましょう
 ごくまれにドロップする謎のフィルム」も後々必要になりますので、捨てないで置いておきましょう。(クエストの公開が終わったので処分してもOKです)

 

サウィン大森林に行くための下準備
★サウィン大森林のモンスターは、弱点属性を持っているモンスターが少ない
 言うならば、物理属性とビーム属性を持っていくと万事解決する

◎ロボの構成としては、モンスターを無視しない場合は、防御力が高めなロボを使うこと
 道中のモンスターはEASYであってもダメージがそこそこ高い

 モンスターを無視するなら、移動機を使って手早く終わらせると良い

 ボス戦のみ防御力、火力が高いロボを使用すること

◎難易度にもよるが、EASY、NORMALではリペアパックは2ページ目まで詰めておくと良い
 HARDは、4ページ目まで詰めておくと安心できる

 

 

サウィン大森林 ?F(1F)
★ここでどの難易度のルートに挑戦するか選ぶことができる

 EASYルートは、初回位置の右後ろ(SE側)にあるフロアゲートで行くことができる。
 NORMALルートは、NE側にあるフロアゲートで行くことができる。
 HARDルートは、NW側の山の上にあるフロアゲートで行くことができる。

 リペアパックなどを忘れてしまったり、用事が出来てしまって退席しないといけなかったり、どうしても帰りたい状況になった場合は、SW側の山の上にあるフロアゲートで、プレミアムフィールドに戻ることができる
 また、退席してタイムリミットがきてしまったときは、ダンジョン・ジャンクションに戻される

・周りには、オブジェとして色とりどりの「キノコ」や「パンポール」が置かれている。
 なぜ、色とりどりのキノコなのかは不明だが、森林なのでキノコが生えているということにしておきましょう。

キノコ写真3

 ちなみに、キノコの後ろにある「パンポール」の一番上の段は、プレイヤーをずっと見てくる。(写真4参照)

パンポール写真4

 3段目のみ1段目、2段目とは違う方向(プレイヤーのほう)をずっと見続けている。
 これは、3段目が攻撃のできるタイプのパンプキンであるから。要するに、ロックオンされている状態なのです。怖いー
 後々のフロアで、実際に3段目が攻撃してきます。このフロアのパンポールはおとなしいということ。

 色とりどりのキノコ、パンポールは、撃破しても何もドロップしないので、パンポール狩り、キノコ狩りはしないで先へ進みましょう。

 

 

サウィン大森林e n h ?F(2F)
・ここからは、先ほどのフロアで選んだ難易度で進めていく
 「e n h」は、それぞれの難易度の頭文字になります。

・フィールド端に3つフロアゲートがあります。
 そのうち、正解のフロアゲートは1つだけ
 そのほかのフロアゲートはフロアのどこかに飛ばされる不正解フロアゲート
 ※NW側にある2つのフロアゲートは、N側の奥にある方が次のフロアへ行くためのフロアゲートになります。

正解のフロアゲートは、SW側の端にあるフロアゲート
 進み方は、下記の通り。
 ①初回位置からまっすぐ進み、かぼちゃのオブジェクトが見えてくる
  見えたらW側へ進みましょう

 ②再び真っすぐ進みNW側のフロアゲートが見えてきます
  見えたら、フロアゲートの奥にある細道をひたすら真っすぐ進みましょう
  ※細道にはかぼちゃのオブジェクトがあるので、それを目印に進んで行くと良いです

 ③奥へ進むと、SW側(正解)のフロアゲートが見えて来るので起動しましょう。
  転送先にある目の前のフロアゲートを起動して次のフロアへ

・このフロアで登場するモンスターは「バット」だけである。

バット写真5

 バットの攻撃は1パターン。
 HPを吸収(HPドレイン)する超音波を発射してきます。(写真5参照)
 これに当たると、バットのHPが(バットが)与えたダメージの15%ずつ回復されるので要注意。
 バットは、発射角度を変えることができないため、常に真っすぐ発射されます
 そのため、飛行しながら攻撃してあげるとロックオンできずに撃ってこなくなり、楽に倒すことができます
 ただし、一瞬でもロックオンされると発射してくるので要注意
 弱点属性はビーム属性で、火炎属性があまり効かない

 

 

サウィン大森林e n h ?F(3F)
★初回位置のW側とE側にそれぞれ青扉、赤扉が設置されている。
 また、親切に先に進める方(赤扉側)に看板が設置されている
 全ルート共通で赤扉のほうに看板が設置されているので、SE側へ行き、広場に設置されているレッドストーン4個を取って開けましょう

★扉を開けたら、あとは看板の示す方向に進んで行きましょう
 道中、ショートカットが可能な場所があります
 そこにはパンポールが置かれているので、通ることができるなら、そのショートカットルートを使うのも良いでしょう

フロアゲート前には、少し高い段差があるので、NW側(右斜め後ろ)へ戻り、高台に上ってからフロアゲートへ進むと良いでしょう。

間違った方(青扉の方)に行くと、初回位置に戻されます

・ちなみに、HARDルートのみ、赤扉の先のパンポール

・このフロアで登場するモンスターは下記の通り。
 ■ジャックランタン

ジャックランタン写真6

  最初期のハロウィンイベントより出現していたパンプキン。
  パンプキンサイスとパンプキンガン、HDのグレネードで攻撃してくる。
  パンプキンサイスのスタン性、攻撃力は高いので要注意
  そのほかの攻撃は、あまりダメージは高くない。
  プレイヤーを見つけるとほぼ常時飛行に移行する。(写真6のようにね)
  弱点属性はないので、どの武器で攻撃しても普通のダメージになる。
  当時、かなり貴重であったパンプキンサイスとパンプキンガンをドロップしてくれます。

 ■ゴースト

ゴースト写真7

  こちらも、最初期のハロウィンイベントから登場していたゴーストである。
  BSの子ゴーストから発射されるバズーカゴースト本体からごくまれに発射されるブラスターで攻撃してくる。
  今ではバズーカの攻撃も防御力さえそこそこ高ければダメージをあまり受けないのであまり恐れることはない
  ブラスターもダメージは高くない。
  ジャックランタンと同様に、弱点属性はない
  昔から山ほどドロップしていたゴーストLGとゴーストBSをドロップしてくれる。

 ■パンプキンボム

パンプキンボム写真8

  サウィン大森林で最も危険なモンスターがこの「パンプキンボム」である。
  写真8のように、ステップ攻撃の直後に自身を軸に爆風+全方向にバズーカを発射する
  ゼラチナーラやコロイドール、ボミーなどとは違い、自爆をするわけではないので、消滅することはない
  そのため、パンプキンボムが倒れるまでこの攻撃をやめることはない
  全方向バズーカ以外の攻撃に「ヒットバック」の効果がついているので、当たると一時動けなくなるので要注意
  さらに、写真8のレーダーを見てもらってもわかるように、パンプキンボムはレーダーに映らないステルス機能を搭載している
  そのため、背後から近づかれて不意打ちを食らうケースがあるので要注意
  また、ボディのペイントがどれも同じであるため、どちらが前なのかわからない。よく動きを見て近づかれているか観察しないと危険である。
  飛行しながら攻撃すると、あまり攻撃してこなくなる近距離攻撃は厳禁
  パンプキンボムは、物理・火炎属性が弱点ビーム属性はあまり効かない

 ■パンポール

攻撃型パンポール写真9

  このフロアのパンポールは、1Fにいたパンポールとは違い、攻撃的なパンポールが設置されている。
  攻撃的な分、撃たれ弱い様子。HPは低め。
  パンポールの1~3段目のどれかの段からジャックオーランチャーを発射する段がランダムで決まり1秒ごとまたは発射している段が全弾発射し終わったところ、発射中にロックオン圏外になったところで切り替わる仕組みになっている
  射程距離が長く、誘導性がかなり高いため、避けるのは少々難しいが、動いたり向きが変わったりしないので、前に立たなければ撃ってくることはない
  弱点属性は、物理・火炎属性である。

 

 

サウィン大森林e n h 5F
★4Fはどのルートも存在しないため、直接5Fにつながる。

ボス前のフロア
 モンスターなどは特に出現はしないので、目の前にあるフロアゲートでボス戦へ

★ボス戦では、出現するボスがそれぞれ異なるので、選択したルートを下記から選んでご覧ください。
 ■EASYルートのボスはこちら

 ■NORMALルートのボスはこちら

 ■HARDルートのボスはこちら

 

 

サウィン大森林 最深部
・EASYルートのボスは、「ウィッチィ」である。

ウィッチィ写真10

 写真10のように、ウィッチィはかなり小柄なため、攻撃がなかなか当たらないことがあります。
 強誘導のミサイル系武器Lv31以降のガクゥーンBS、Lv31以降のハイガクゥーンBS、ハープーンBSなど)や、レーザー・マシンガン系などの必ず当たる武器で攻撃すると、手早く倒すことができる

・ウィッチィの取り巻きは、W側とE側常時3体出現しており、どちらも51体倒した時点で出現しなくなる
 取り巻きは、バットまたはちびランタンである。

★ちびランタンのパンプキンサイスは、スタン性が高いので近接戦は避けるようにしましょう

★全ルート共通事項は、HARDルートの下に書いております。

 

・NORMALルートのボスは、「グリンダン」である。

グリンダン写真11

 グリンダンも、ウィッチィと同様にかなり小柄なため、攻撃がなかなか当たらないことがあります。
 ウィッチィと同じように、強誘導のミサイル系武器Lv31以降のガクゥーンBS、Lv31以降のハイガクゥーンBS、ハープーンBSなど)や、レーザー・マシンガン系などの必ず当たる武器で攻撃すると、手早く倒すことができる

・グリンダンの取り巻きは、W側とE側で常時3体ジャック」が出現しており、どちらも51体倒した時点で出現しなくなる

★ジャックは、サブ武器のスライサーのダメージ、スタン性がかなり高いので、近接戦にならないようにしましょう

★全ルート共通事項は、HARDルートの下に書いております。

 

・HARDルートのボスは、巨大化したウィッチィ」と「グリンダン」である。

巨大グリンダン_ウィッチィ写真12

 HARDルートでは、巨大化したウィッチィとグリンダンが相手になり、両方を倒すとダンジョンクリアとなる。
 グリンダンのほうがHPが高く、HP116%となっており、ウィッチィはHP84%となっている。

・取り巻きは、NORMALルートと同じように「ジャック」が出現する。
 W側とE側で常時4体出現しており、どちらも55体倒した時点で出現しなくなる

★ジャックは、サブ武器のスライサーのダメージ、スタン性がかなり高いので、近接戦にならないようにしましょう

HARDルートのみ、グリンダン、ウィッチィは一切スタンしなくなるので要注意

 

★ウィッチィ、グリンダンともに、戦闘開始後、常時飛行している

★ウィッチィ、グリンダンともに、弱点属性や効きにくい属性は存在しないため、どの武器で攻撃しても問題ないが、なるべく火力が高い武器で攻撃すると短時間で倒すことができる

◎ウィッチィ、グリンダンの攻撃は下記の通り。(写真はEASYルートとHARDルートです)
 ■4連ミサイルランチャー

ウィッチィ_4連ミサイル写真13

  こちらは、誘導性が非常に強い4連ミサイルランチャーを発射してきます
  EASYでは、威力が低いので問題視することはありませんが、なるべく避けるようにしましょう
  NORMALでは、少し威力が上がり、あまり見過ごせないダメージになります。
  HARDでは、NORMAL以前のダメージではなく、当たると軽く1000以上のダメージを受けるので必ず避けるようにすること。
  ちなみに、全ルート共通でスタン性はそこそこ高め
  最も良い方法としては、写真11のように遠距離にいること
  遠距離にいることにより、ミサイルランチャーの誘導性が失われ、避けやすくなります

 ■2連バスターボム

ウィッチィ_バスターボム写真14

  2連バスターボムは、魔女姉妹の側面から2発一気に発射されるボム
  この攻撃は、HP40%以上のときに使ってきますが、一度でもHP39%以下になると、この攻撃は一切使ってこなくなります
  写真12のように、ヘリンガル(Lv30)のAMから発射されるボムと同じである。着弾するとそこそこ広範囲に爆風ダメージを発生させる
  EASY、NORMALはそこまでダメージは高くはないが、スタン性がかなり高い
  HARDになると、そもそも当たると莫大なダメージを受けて撃破されてしまう。(惑星ダスドのフィールドにいるボミーの爆発と同レベル
  回避方法としては、近づかない、近づかれたら離れる以外はない
  上方向にも当たり判定があるため、魔女姉妹の後ろをついていっていると、ボムにやられてしまう可能性があります

 ■5連エネルギービームガン

ウィッチィ_6連エネルギービームガン写真15

  5連エネルギービームガンは、若干のチャージ後に前方向に5発、後方向に1発のエネルギービームガンを発射します。
  この攻撃は、一度でもHP39%以下になると使ってきます自己回復で2回目以降HP40%以上になってもこの攻撃を使ってきます
  EASYでは、ダメージは低く、ダメージだけ見れば問題視する必要はない。
  NORMALでは、ダメージがそこそこ高くなっているので、当たらないように注意しないといけない
  HARDでは、基本的に当たってはいけない連続ヒットの可能性が非常に高いため、当たって嵌められたらあきらめるしかない
  全ルート共通でスタン性が非常に高いため、当たるとかなり危険

 ■ホウキで殴る

ホウキで殴られた後写真16

  この攻撃は、乗っているホウキからわざわざ降りてそのホウキで殴ってくる。(写真16は殴られた事後である
  EASY、NORMALでは、それほど痛くはないが、HARDでは物理防御290あっても写真16のように莫大なダメージを与える凶器となるホウキです。
  また、スタン性も高い上に連続で殴ってくることが多いため、はめられる危険性があります
  この攻撃を仕掛けてくる予兆としては、5連エネルギービームガンを発射し終わった後に高確率で使ってきます
  避ける方法としては、なるべく近くにいないこと頭上にいると殴られます

 ■強烈なタックル

魔女アタック写真17

  この攻撃は、ホウキに乗ったまま、強烈なタックルを仕掛けてきます。ホウキの先が刺さって大ダメージを受けます。
  EASY、NORMALでもそこそこダメージは高いが、HARDは莫大なダメージを与えてきます
  また、全ルート共通でスタン性も非常に高い
  この攻撃自体の範囲は写真17のように広くはなく、魔女1体分の範囲しかない
  ホウキで殴ってくるのとは違い、使用頻度はそんなに高くはなく魔女姉妹の目の前にさえいなければ使ってこない

★魔女姉妹は、一度でもHP39%以下になると、エネルギービームガンホウキで殴るタックル自己回復距離が離れすぎるとミサイル発射しかしなくなる。
 そのため、HPを39%以下にした場合は、HP40%以上に回復されてもその回ではバスターボムを見ることはできなくなります

★自己回復は、一定時間経過で行うタイプではなく、魔女姉妹自身のタイミングで回復する
 基本的に魔女姉妹を野放しにして放置していると、HPが4%ずつ回復されていくので要注意。
 ちなみに、HPを全回復しても自己回復を続ける

 

◎各ルートの大体の報酬は下記の通り。
 【EASYルート】メインはハロウィンパーツ
 サモン:ハロウィン、ハロウィンクリスタルα、ハロウィンクリスタル★★、ゴーストBS、ゴーストLG、パンプキンパーツ(HD、AM、BS、LG)など

 【NORMALルート】メインはハロウィンクリスタル
 サモン:ハロウィン、ハロウィンクリスタルα、ハロウィンクリスタル★★、ハロウィンクリスタルⅡ、ハロウィンクッキー、ハロウィンクッキーS、コールタール、ゴールド、サファイアなど

 【HARDルート】メインはハロウィンクリスタル
 サモン:ハロウィン、ハロウィンクリスタルα、ハロウィンクリスタル★★、ハロウィンクリスタルⅡ、ハロウィンプリン、ハロウィンクッキー、ハロウィンクッキーS、ハロウィンチョコ、ハロウィンチョコS、サファイア、デストルドーBD、パンプキンロッドGなど

 

 

サウィン大森林 封印の間
EASY、NORMAL、HARDルート共通で、ボス撃破後に必ず飛ばされるいつものあのフィールド

・目の前にある記憶装置は、ハロウィンイベント限定クエストで使うのでもうしばらく放置しておきます。

・記憶装置の後ろにあるフロアゲートは、次のページで紹介する『ハロウィンゲート』で使用します。

初回位置の左にあるランダムゲートで、ダンジョン・ジャンクションへ戻ることができる

★サウィン大森林 封印の間は、通常フィールドであるため、デパート呼び出しやゲーム終了をすることができます

 

ダンジョン・ジャンクション
★サウィン大森林に入る前に「見習い魔女ウィッチィ」、「魔女グリンダン」の受けていたクエスト完了報告を忘れないようにしておきましょう。
 2017年11月9日(木)でクエストが終わっているので、今はもういません。

 

 

ここまでが、サウィン大森林の内容になります。
事前知識のところでも言っていましたように、ハロウィンクリスタル系は大量に必要になりますので、捨てずに集めておきましょう

 

ここまでが魔女姉妹の再臨の内容になります
簡単に言いますと、サウィン大森林の紹介ですけどね。
サウィン大森林の中身は、2016年版と同じ内容らしいです。

初期のサウィン遺跡とは違い、かなり簡単に、そして易しくなったなぁと久しぶりにサウィン遺跡へ行って思いましたね。
初期のほうは間違えれば外に追い出されるか1つ前のフロアに戻されたりしてましたからねぇ~あれは厄介でした。
しかも、今よりももっと複雑でしたしね。どこか探せば過去のサウィン遺跡あるかなぁ

さて、次のページでは、ハロウィン限定のメインクエストについてお話しします。
が、これが大問題なのです。
メインクエストなのに完成度は約15%ほどしかできておりません。。。申し訳ないです、、、
メンテナンス直前まで粘ったところまで書いておりますので、よろしければご覧ください。

さらに次の3ページ目では、突発ミッション「悪魔のP・モーナ」について触れたいと思います~

コメント一覧

  • 名無しさん

    カッパフェンサーではなくカッパオフィサーです
    またハロウィンゲートにMASTERは存在しません、HARDまでです
    モーナマスターをクリアした時点でダンジョンジャンクションの入り口へ送られます

    • Tangent

      ご指摘ありがとうございます。
      早急に対応いたします!

  • Erimu

    はじめまして。いつも記事を拝見させていただいております。
    ハロウィンクエストのメインストーリーは全てクリアしていましたので一応その後の流れを追記しておきます。
    (大きなお世話かもしれませんが…)
    なお、この文章は私自身の残っている記憶とクエスト一覧の文章を参照して書いてあるため一部記載漏れ・ミスがあると思いますのでご了承ください。
    (「」の後に”※”がある文は手元に情報が残っていないので実際の文章とは異なっております。合わせてご了承を)

    〈前半〉
    記載されているジョストガンダーの続きからいきますと
    入手した「謎のフィルム」をジョストガンダーに渡すと明らかに動揺して態度が豹変。(台詞は記述と同様です)
    解決後にわかるがどうやら興奮するとこのような荒っぽい態度になるみたいです。
    とりあえず部隊長に報告をすると
    「なるほど怪しいな…
     だが記憶の内容とは一致しない…」
    と言われて一応今後もマークしておこうという判断になってジョストガンダーの聞き込みは終了します。
    次に残ったA・ミラルHWの聞き込みに行ってくれと頼まれますので話してみるとロトンレムレスと同様証拠の武器を持ってきてと頼まれます。
    公式サイトの写真を見るとA・ミラルHWは「パンプキンロッド」を所持しているのでそれをA・ミラルHWの元に持っていくことになります。
    記憶装置からは記載の通り「ハロウィンクリスタルα40個」を要求されるので渡すと新たに「緑色のパンプキンロッド」の情報が…
    とりあえず「パンプキンロッド」をA・ミラルHWに持っていくと
    「私のロッドとは色が違うし…」※
    的な会話があるので記憶装置の緑色のパンプキンロッドとは異なることがわかります。
    その後、「緑色のパンプキンロッドって…どう考えてもあの子よね…?」と口にしているので犯人はP・モーナということが明らかに…?
    この事をまた部隊長に報告をすると
    「本当か…!
     P・モーナが一番怪しいではないか…!」
    と言われてすぐに本人に話を聞いてきてくれと頼まれます。
    記憶装置からは「ハロウィンクリスタルα50個」をまたまた要求されるので渡すと音声の全てが判明。
    一番最後以外は40個と一緒なので最初と最後以外は省略しますが
    『き、貴様…何をする!?
     (中略)
     分かっているのか!P・モーナ!』(P・モーナは緑字)
    となり、ついに名指しで呼ばれてしまいP・モーナが犯人確定ということに…
    しかし、本人に聞いてみるとなぜか
    「嘘、嘘よ!犯人はA・ミラルHWよ!私はこの目で見たの!」※
    などと供述しており容疑を否認。
    戻って部隊長に報告すると
    「なるほど!
     だがそれは嘘だろう!(赤字)
     P・モーナが犯人で決定的だ!」
    と前回(去年)の出来事もあってか完全に犯人だと決め込むことに…
    事後処理はこちらで済ますとのことでとりあえず幕は閉じます。
    以上が前半の内容となります。

  • Erimu

    (ごめんなさい。前半は前編と訂正しておいてください…)
    〈中編〉
    ジョストガンダーから話があるみたいなので聞いてみると
    「無実を証明するためにこのフィルムを現像する!」※
    「現像するためにハロウィンバーナーが5つ必要なので取ってきてほしい」※
    との要求があるので集めに行く。(バーナーでどうやって現像するのか…中の液体?)
    5つ持っていくと早速現像を開始。すると…
    ”A・ミラルHWがMr.Kを殺害する瞬間”の写真が!
    つまりP・モーナが言っていた証言は本当だったということに…
    真犯人はA・ミラルHWということが確定的になり、
    「A・ミラルHWに真実を話してやってくれ…」※
    と言われるので真犯人のA・ミラルHWの元に。
    するとA・ミラルHWは
    「うふふ…
     バレちゃったわね…
     まさか写真を撮られているなんて…
     私がMr.Kを殺害した犯人よ
     あら?
     ずいぶんあっさり自白したって顔ね?
     決定的証拠ですもの…
     それに愉快犯みたいなものだしね…
     あとね?
     友達のP・モーナについてだけど…
     単純な理由だけど
     捕まりたくなかったの
     まぁ、流石にもう嘘はつけないわ
     抵抗しても無駄、捕まるわよ
     うふふ……」
    とあっさりと容疑を認めてしまう。しかし雰囲気が先程とは違うような…?
    とりあえず部隊長に報告をすると
    「犯人はA・ミラルHWだと!?
     本人が自白した…間違いないな!
     犯人はA・ミラルHWだ!」※
    と驚きを隠せないものの犯人はA・ミラルHWだと決め付けた上で事後処理はこちらで済ませるとのことでやっと解決…しません。
    真実を話してやってくれの後にジョストガンダーが
    「あれ、それにしても…
     誰が撮ったんだこの写真?」※
    という疑問を口にしていました。
    A・ミラルHWの方も
    「私が犯人よ?何か問題でもある?」※
    などと犯人だけど何故か余裕のある態度…さらには
    「真実を知りたければポルドシティにあるプレゼントコードの入力欄に犯人の名前の本名を英文で書け」※
    「まぁ、現時点ではあなたには分からないから無理でしょうけど」※
    という謎の会話が…
    実際に実装当時はまだ犯人の本名は不明だったので入力することは不可能でした。
    (が、SNS上では色々な推測飛び交っており、中には後編開始前に自力で当てた人もいるとかいないとか…)
    色々不明な点が残ったままですが、中編は以上となります。

  • Erimu

    〈後編〉
    さて、いよいよ事件解決です。
    最初にロトンレムレスが何かを思い出したので聞きに行くと、なにかを思い出した模様。
    要約すると
    「誰かに頼まれてフィルムをばら撒けとの指示を受けた」
    「その名前が”opefakafcpir”…あれ?おかしいな記憶が?」
    とのこと。
    この”opefakafcpir”が本名なのですが改ざんされててこれだけではわかりません。
    そこで一度あのサウィン大森林の奥地に行くと既に終わったはずの記憶装置の上に♪が…
    調べてみるといきなり「ハロウィンクリスタルα…500個」という去年と同じくらい莫大な量を要求してくる有様…
    とはいえ実際に集める必要はなく暫しの沈黙の後、「よくぞ見破ったな」※ 的な言葉と共にようやく正体を現す。
    その正体こそが”Mr.K”こと”カッパオフィサー”。今回の真の黒幕です。
    強き者の戦いを欲しているとのことでハロウィンゲートの奥地で待っていることのこと
    そのままゲートに入ってもいいのですが、とりあえず本名が判明したので一度ポルドシティで本名を入力しに戻ります。
    “opefakafcpir”を並べ替えると”kappaofficer”となるので正確に入力するととあるアイテムがもらえます。
    ガレージに戻ってもらったアイテムを確認してみるとなんとそれは「A・ミラルHWのメモリー」。
    A・ミラルHWの元に行ってみるとそこには反応がないA・ミラルHWが…
    このことから今までのA・ミラルHWは誰かが操られていたことになります。
    ひとまず持っているメモリーを入れるとA・ミラルHWが起動します。
    「……あ……あ!
     ………!
     カッパオフィサー!
     カッパオフィサーはどこ!?
     ここはポルド基地?
     ど、どういうことなの?
     (後略)」
    話を聞くとどうやらカッパオフィサーは天使軍との戦争を企んでいたようで、写真家から写真を盗んだり他のロボを操ったなど聞いたことのある犯行をしていた模様。そしてカッパオフィサーは他のロボの記憶を思うがままに操作できる能力を
    A・ミラルHWはそのカッパオフィサーを阻止しようとサウィン遺跡に向かったものの、自身も操られてしまった模様。
    その後、カッパオフィサーを倒してほしいとお願いされます。
    難易度問わずにハロウィンゲートを1回クリアすることで目標達成となります。
    再度記憶装置に話しかけると
    「キミのような正義感が溢れるロボが好きであり、それを屈服させたいと思っている」※
    「これまでにも様々なロボを操ってきた」※
    「その中に帝国軍の娘らしき奴もいた」※
    「『お父様のためならば…私が…』などという健気な姿は大変素晴らしかった!」※
    要約するとこんな感じの歪んだ自分の素性を露にして、いつの日かまた会おうと言い残して消えました。
    途中に帝国軍の娘というのは明らかにG・リモアのことなので、彼女を操っていたのはカッパオフィサーだということも同時に判明します。まさに外道。
    真犯人が消えたことで事件はひとまず解決。戻って部隊長に報告して感謝してもらい終わりとなりました。
    以上で後編終了、並びにストーリーの全貌です。改めて書くと長かったです…

    大きなお世話かもしれませんが、以上が話の続きとなります。
    大まか記憶を頼りに書いたので「ここ違うだろ」などのご指摘などはご自由にどうぞ。

    • Tangent

      情報提供ありがとうございます!!

      このまま置いておこうかと思ってました、、、
      こう見ると、かなり長いストーリーだったんだなと思いますねー

      コメントでいただいた情報をもとに、早速組み上げてみます!
      ありがとうございます!

      • Erimu

        お役に立てたのなら幸いです。
        思い出したついでに追記をひとつ。
        解決後の話ですがどうやらロトンレムレスも記憶を操られていたらしく、その影響で本名のスペルがごちゃ混ぜになっていたみたいです。
        でも本人は特に覚えもなければ気にしてもいなかった模様ですけど…
        聞く話によると、どうやら知り合いの「パラ…パラセ…?も記憶操れるし」※ とのこと。
        パラセと始まる名前はどう考えてもあの”パラセクター”しかいないはずなので恐らく2人は知り合いみたいです。
        以上追記でした。

コメントはお気軽にどうぞ

お名前とコメントは必須項目です。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

スパム対策のため、日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。